八王子市の鍼灸整骨院|高倉本院

WEB予約
公式LINE
TEL
アクセス
痛み検索

坐骨神経痛

坐骨神経痛ざこつしんけいつうとは

お尻・太ももの後ろ・ふくらはぎなどにかけてシビレや痛みなどの症状が出るもので、さまざまな原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたりして発生します。多くの場合、腰痛に引き続いて症状がでると言われています。また、坐骨神経は腰から足にかけて伸びていて神経の中でも非常に長いため、さまざまな場所に症状がでます。

原因はさまざま。
多くは腰の骨、腰椎に異常が生じることで坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたりすることで発生します。

運動によるオーバーユースや長時間のデスクワーク・在宅ワークによる運動不足などで症状がでることもあります。また、腰椎椎間板ヘルニア・梨状筋症候群・腰部脊柱管狭窄症なども原因になることが多いです。

症状は、お尻まわり・太ももの後ろ・ふくらはぎに、シビレ・痛み・張り感などを感じます。
症状は一部に強く出ることもあれば、足全体に出ることもあります。
症状を繰り返すうちに痛みが増し歩行や日常生活動作に支障を及ぼす場合があるので注意が必要です。

おかしいな?っと感じたら早めにご相談ください。

当院では

まず痛みの原因・場所を特定していくために考えられる疾患に対しての徒手検査・関節可動域などのチェック、更に姿勢の確認をします。

痛みやシビレなど負担がかかっている部位または周囲の筋肉へアプローチします。
手技療法により血流を改善し、筋肉の柔軟性を取り戻していきます。

また、原因に合わせて理学療法の機器を使用し温熱・超音波・電気刺激を加えシビレや痛みを取っていきます。

原因が深層にある筋肉やトリガーポイントによる場合、鍼治療をお勧めしています。

ある程度症状が改善してきたら、J-SEITAIによる関節可動域の改善を行います。再発予防のため姿勢の改善にも効果があります。
また、トレーニング・運動指導を行い、痛みの出ない健康な体づくりをサポートしています。

原因が様々あるため、多くの治療を経験しても改善せず、来院される方も多いです。
原因となる関節、神経、筋肉、すべてへのアプローチが用意されています。
必要に応じて専門医での検査、治療の判断をすることもあります。
まずは当院までご相談ください。

症例

女性70代
長年、慢性的な腰痛を患っていて右のすねに重いだるさを感じて病院で検査。腰部ヘルニアと診断。
数か月、服薬を続けるも改善なく来院。

腰部のヘルニア周辺は古いもので腰の動きは低下し、反りにくくなっていました。
筋肉は腰部、右の臀部まで固まっていました。

動きの悪い腰部の筋肉への理学療法(超音波・ハイボルテージ療法)を実施。
1ヶ月を要しましたが、超音波の効果で腰部周辺組織は柔軟性を取り戻し神経の圧迫が改善。下肢への電気刺激で血行不良も改善。足に感じていた神経痛症状は無くなりました。

現在もヘルニアによる腰部周辺への負担をケアするため週に1回通院をして、手技療法、ストレッチを中心に施術を続け、安心して日常生活を送っていただいています。

あきらめてしまったり、手術の決断をする前に一度ご相談ください。

関連記事

PAGE TOP
TEL