八王子市の鍼灸整骨院|高倉本院

WEB予約
公式LINE
TEL
アクセス
痛み検索

片頭痛

片頭痛へんずつうとは

血管が拡張することでズキズキとした拍動性の痛みが生じます。
その他の症状としては吐き気・嘔吐、前兆としてキラキラした光、ギザギザの光(閃輝暗点)等が起こります。
また、階段の昇降など日常的な運動により頭痛が増強することも特徴のひとつです。

当院では

施術の前に問診・徒手検査を行い身体の状態を確認します。
緊張型頭痛・群発性頭痛・混合型との鑑別。
筋由来(トリガーポイント)・姿勢由来の確認します。

緊張性頭痛では、理学療法・はり・マッサージ等で首から背中の緊張をとり除く事により頭痛の改善が見込まれます。

カイロプラクティックの後頭骨テクニックでは後頭部から首の筋肉を緩める事で治療効果を上げます。

はり治療は服薬の効果を上げる効果もある上、薬の服用を控える必要のある薬物誘発性頭痛にも効果が期待できます。
毎回施術前に問診を行い症状の変化、当日の状態を確認しオーダーメイドの施術を行います。

自律神経系、不定愁訴が原因の場合は検査を行います。

症例

30才 女性
頭痛が酷くなり来院されました。
頭痛薬を日常的に服用。
仕事(デクスワーク)が忙しくなり首・肩・背中にまで痛みをでてきた。

問診や徒手検査で背中の緊張や首の動きの悪さがあり、原因が筋肉の緊張からであることが分かりました。
それらをマッサージや鍼等を使用して施術を行いました。背中の緊張や首の動きを改善する事によって頭痛が軽減してきました。

週3回の治療を2週間行い頭痛は改善しました。日常的に飲んでいた頭痛薬を飲まなくて良いレベルになり大変喜ばれていました。
現在、痛みがなくなった状態です後も姿勢の改善を目的に身体のメンテナンスを行う為に週1回通院を継続しています。

関連記事

PAGE TOP
TEL