八王子市の鍼灸整骨院|高倉本院

WEB予約
公式LINE
TEL
アクセス
痛み検索

インピンジメント

肩峰下けんぽうか インピンジメント症候群

腕を前から挙げた時に肩峰(烏口肩峰アーチ)が腱板(特に棘上筋腱)や上腕骨(大結節)と衝突し肩の痛みや引っ掛かり感が生じる状態の事。

肩関節の挙上運動をする際、上腕骨は上方へ転がり、下方へ滑る・・・
なんらかの原因で上腕骨の下方への滑り運動が阻害され、上腕骨大結節が肩峰下を通過出来なくなる状態が肩峰下インピンジメントです。動きが阻害され、肩峰下にあるインナーマッスル(棘上筋、棘下筋)や肩峰下滑液包に炎症を起こし痛みます。

肩の痛みには似た症状が存在し判別が重要です。放置すれば長期化、悪化します。早めの相談をお勧めします。

当院では

痛みの部位の特定をするための、整形外科テストを各種行います。
棘下筋、棘上筋、肩峰下滑液包への検査とチェック。
肩甲骨周囲の関節の可動域チェックも行います。
モアレグラフィーによる姿勢分析も行います。
多く見られるのが、猫背や肩のインナーマッスル低下による巻き肩の方。
局所的な鎮痛にはハイボルテージ、はり治療が効果的です。
痛みが出る肩峰下周囲の肩関節を動きやすくするために首、肩甲骨、背部などに手技療法を行います。
痛みが和らぎ、肩の関節可動域が良くなったら、猫背などの姿勢を良くするための整体療法やトレーニング指導を行います。
症状は様々です。治療内容、期間などは一人一人に合わせたオーダーメイドの提案をします。
症状により、病院での検査を必要とする場合もあります。まずはご相談ください。

症例

50代 女性
週5日のデスクワークで右肩関節の上方に痛みを訴えられて来院。
日常生活では、洋服の脱着の時の痛み、バッグを持つ動作が辛い、洗濯物を干す時が辛いなどが主訴でした。
週2回のハイボルテージ療法と手技療法を中心に2か月。
バッグを持つ事は楽になったものの、洋服の脱着はまだ少々の痛みが残っています。
今後はチューブを使ったリハビリメニューを取り入れて、更に日常生活が楽になる事を目標に行っていく予定です。

関連記事

PAGE TOP
TEL