八王子市の鍼灸整骨院|高倉本院

WEB予約
公式LINE
TEL
アクセス
痛み検索

肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)

肩関節周囲炎かたかんせつしゅういえん (いわゆる五十肩)とは

中年以降、特に50歳代に多くみられる症状です。
その病態は様々です。

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周辺組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮)。

肩関節周囲炎は経過によって炎症期、拘縮期、回復期の三つの病期に別れ、それぞれで症状が異なります。

炎症期:安静時と夜間時の痛み、可動域制限、動作時痛が強く生じます。
痛みが強く夜眠れない場合には石灰性沈着炎の可能性もある為、早期の診断が重要です。

拘縮期:痛みが徐々に落ち着きますが、可動域制限が残ります。
手を上げる動き、背中に手を回す動きなどに制限が残るのが特徴です。

回復期:可動域制限が徐々に改善し、日常生活での支障は少なくなってきます。

どの時期においても、原因になっている靭帯や筋肉を特定した治療が必要です。
退行性変性を含んだ症状の為、完治までは時間がかかるのも特徴です。

放置すると肩関節の動きが固まり、痛める前のような動きが出来なくなります。お早目の相談をお勧めします。

当院では

患者さんの状態に合わせた施術を行うため、患者さんの姿勢や関節の動き、筋力などをチェックし、痛みに関連すると思われる問題点を探ります。(姿勢の観察、動きのチェック、筋力のチェックなど)

痛みの鎮痛、筋肉及び靱帯の柔軟性を上げるため理学療法(ハイボルテージ、ライズトロンなど)や手技療法を施術します。
生活上の負担軽減を図るキネシオテーピングなどを行います。

関節が楽に動かせるよう関節調整、かばって生活をする事で崩れたバランスを整える姿勢調整も行なうことで治療効果向上と生活上の負担を和らげます。

病態には複数のパターンがあり、「はり治療」「トレーニング指導」など症状、時期に合わせて提案します。

当院で診させて頂いた上で治療方針、専門医検査の必要性も判断いたします。お早めにご相談ください。

症例

50歳 女性
4ヶ月前より特にきっかけはなく右肩の痛みが始まりました。
近隣の整形外科でレントゲン検査を受けたが特に異常なく、肩関節周囲炎と診断。
徐々に肩の疼痛の為に腕を上げたり後ろに回したりができなくなり、着替えなど日常生活にも支障が出始め来院されました。

炎症の痛みの軽減には、ハイボルテージと超音波のコンビネーション治療。
動きの制限因子である筋肉を検査で特定し手技療法。
長期化する原因である、拘縮し固まってしまっている筋線維などの軟部組織へは超音波治療。

施術をする度、肩関節の可動域が改善し、2ヶ月程で日常生活での支障はなくなりました。

その後も再発予防の為、姿勢上負担のかかりやすい筋肉への手技療法、体幹と肩のトレーニング指導を実施し、今では痛みなく日常生活を送られています。

非常に順調に進んだケースです。
日常、仕事の負担や来院時の状況によっては半年以上かかるケースがあります。
いずれにせよ、治療は早めに始めることが完治への近道です。まずはご相談ください。

関連記事

PAGE TOP
TEL