八王子市の鍼灸整骨院|高倉本院

WEB予約
公式LINE
TEL
アクセス
痛み検索

外脛骨障害

外脛骨障害がいけいこつしょうがい

外脛骨とは、普通にはない余分な骨の一つで日本人の約15%に存在すると言われています。
運動中、運動後に内くるぶしの下にある外脛骨に部分的な痛みを感じる障害です。
有痛性外脛骨とも呼ばれます。
主に10歳〜15歳の成長期に活発に運動をする子供に多くみられる症状ですが、成人にも起こります

原因として

・ふくらはぎの内側にある筋肉がその骨に付いており、過度の運動により筋肉が固まり骨を引っ張ってしまい炎症を起こします。
・過去に足首の捻挫、外傷や合っていない靴による圧迫など外的ストレスにより痛みが発生する。
・扁平足や回内足と元々の足の形状が原因となり痛みを感じることが多いです。
激しい運動に限らず、長時間の歩行や立ち仕事などでも痛みを生じることがあります。

当院では

局所の痛み、炎症を緩和させるため理学療法(ハイボルテージ療法など)の機械を用います。
痛みの原因となるふくらはぎの固まった筋肉や負担がかかる足底の筋肉をほぐす為の手技療法やストレッチを行います。

原因によっては靴が合っているかをチェックし、インソールやキネシオテーピング等を使用し、生活上の痛みを軽減します。

筋力低下による負担が原因であれば、弱ってしまった筋肉をトレーニングし、全身の筋力バランスを整えることで根本的な改善を目指し再発を予防していきます。

症例

10歳 男子
小3から野球を始め、週2回半日激しい練習をしている患者さんです。
1週間前の練習中から左の内くるぶしの下が痛くなり、様子を見ていたら2日前に激痛に変化し来院されました。

来院時は患側の足を着くときに痛みを感じていました。
所見では局所の炎症反応と左ふくらはぎが緊張している状態でした。

緊張の強いふくらはぎの筋肉を手技療法で緩め、局所にはハイボルテージ療法で鎮痛しました。

計6回の治療で痛みはほとんど感じない程度まで改善する事が出来ました。

現在は再発しないように指導したトレーニングを行ない、野球のスパイクにインソールを入れて、痛みの出る前と同様に元気に野球をしています。

関連記事

PAGE TOP
TEL